« 医療事故調査制度シンポジウム 開催ご案内 | トップページ

シンポジウムのご案内

広尾病院事故から20年
~医療安全(医療事故調査)のこれまでとこれから


 ■日時 2019年2月10日(日) 10:00~17:00
 ■場所 全水道会館 4F大会議室
 ■内容
   第一部(午前) 「事故調査制度(2015年10月~)に関係した遺族のおもいを語る」
   *増田渉さん (奥様を医療事故で亡くされ、現在係争中)
   *山本祥子さん(お母様を医療事故で亡くされ、病院、センター調査完了)
   *壇上または会場からの体験発言
   第二部(午後) シンポジウム「医療安全(医療事故調査)のこれまでとこれから」
 ■コーディネーター 大熊由紀子氏(国際医療福祉大学大学院教授)
   (補助)永井裕之(患者の視点で医療安全を考える連絡協議会代表)
 ■シンポジスト(五十音順)
   *渡辺顕一郎さん(厚生労働省医政局総務課 医療安全推進室長)
   *城守国斗さん(日本医師会 常任理事)
   *木村壮介さん(日本医療安全調査機構 常務理事)
   *鈴木利廣さん(明治大学学長特任補佐 弁護士)
   *宮脇正和さん(医療過誤原告の会 会長)

 □参加費 無料 ※ご寄付をお願いいたします
 □事前申し込み先 Fax: :047-380-9806
    E-mail: hnagai◇max.hi-ho.ne.jp ※迷惑メール防止のため@を◇にしています。     
 □詳細 案内チラシ(PDF)
 □主催 患者の視点で医療安全を考える連絡協議会(略称 患医連)
 □後援 医療版事故調推進フォーラム
 □お問合せ先 永井裕之 Tel: 090-1795-9452
    Fax: 047-380-9806 E-mail: hnagai◇max.hi-ho.ne.jp

◆終了後に交流懇親会(参加費約5千円)を開催いたします。お時間が許しましたら、ぜひご出席をお願いいたします。

|

« 医療事故調査制度シンポジウム 開催ご案内 | トップページ