« 医療事故調査機関の早期設立を! | トップページ | 医療事故シンポジウム開催のお知らせ »

「中医協」再任人事反対に関する申し入れ

下記について、私たちは2月23日に厚労省で緊急記者会見を行いました。

 中央社会保険医療協議会の前田雅英氏の国会同意人事案について、野党各党が再任を「不同意」としましたが、その理由が明確ではありません。新聞報道によれば、民主党は「刑法の専門家として医療関係者を委縮させる発言が目立つ」(共同通信)「刑法の専門家だが、医療事故対応は刑法的アプローチではあわない面もある」(読売新聞)「医療問題全般を議論するのにバランス感覚点で適性を欠く」(毎日新聞)と話したそうですが、公式の場での国民に対する説明が全くありません。
 今回の不同意は、実質的に「医療版事故調査機関」づくりへの攻撃を意図したものではないかと危惧するので、私たち医療事故被害者は見過しにはできません。
 現在、医療事故被害者たちの長年の願いを受けて始まった医療版事故調の議論が、被害者たちの声と、誠実な医療関係者たちとの真摯な議論によって前進しつつあります。前田氏は、医療版事故調の設立に関する厚生労働省検討会の座長をされており、中医協の人事であるにもかかわらず、医療版事故調に関する発言が不同意の原因であるように報じられています。
 前田氏の医療版事故調に関する発言が不同意理由なら、その具体的文言を厚労省検討会の議事録から指摘し、責任政党としてその判断理由をきちんと説明すべきです。わたしたちは、厚労省検討会における前田氏の発言は、医療者と患者・市民の双方に対してバランス感覚があり、また医療者を萎縮させるような発言をしたことはないと認識しています。医療と司法の関係が大きな課題となっている検討会の座長として公正・中立にまとめる姿勢があり、適格な判断をされています。
 なお、インターネットのメールマガジンやブログなど医療被害者や正論を発言する良識ある医療関係者たちに対する偏見や誹謗中傷が大量に流される中、前田氏は、忍耐強く議論を整理して進めてくれています。
 以上のことから、患医連は、反対をした各党に対して、以下の三点を強く要望します
1)「前田氏は不適格な言動がある」と主張するのであれば、中医協委員として不適格であるとする具体的言動を指摘し、説明してください。もし、前田氏の医療版事故調に関する発言が不同意理由なら、その具体的文言を厚労省検討会の議事録から指摘し、その判断理由を説明してください。
2)どのように党内で審議し、機関決定をされたかを説明してください。
3)上記2点に関しまして、公式見解を公開してください。そして、ご回答などについて、私たちとの懇談の場を設定してくださいますようお願いいたします。

|

« 医療事故調査機関の早期設立を! | トップページ | 医療事故シンポジウム開催のお知らせ »